台湾旅行・観光情報 > 台湾という国

台湾という国

台湾旅行へ出かけるのであれば、やはり、ほんの少しであっても一通りは台湾のことについて勉強して行くのが礼儀でもあります。
もちろん、どこの国へ行く場合も同じです。
何故なら、国々によってさまざまな習慣や決まり事があって、観光客であってもそれを守らないといけない場合もあるからです。
しかし、台湾旅行での具体的なマナーについては次の機会に譲るとして、今回はまず台湾という国の全体像を頭に入れておくことにしましょう。

台湾は、台湾島とその周辺の島々(たとえば澎湖諸島・蘭嶼など)、そして、金馬地区、東沙諸島、南沙諸島から構成されている国です。
その面積は、約35,980平方kmで、日本の九州程度の大きさです。
台湾からもっとも近い日本の島は与那国島で、距離はたった110km程度しか離れていません。
また、中国と地理と比べて見ると、台湾の南側は香港と同緯度くらいとなっています。
一般的に台湾と呼ばれている台湾島は、もっとも長い南北部分で約394km、東西の幅は約144kmです。
北部に首都(正確には首都は南京で、台北は臨時首都という位置づけです)の台北が位置しています。
北部は亜熱帯に属しており、南部は熱帯に属しているため、冬季以外は全体的に気温が高い国です。
また、日本と同じように台風の被害に遭うことも多いです。
言語は中国語(北京語)を話します。
2008年の総人口は、約2300万人。
通貨は台湾ドル(元とも言います)を使用しています。
宗教の主なものは、仏教、道教、儒教の三大宗教ですが、キリスト教やイスラム教の人々も少数います。
日本統治時代を経験している高齢者の中には、日本語を理解する人も多いです。