台湾旅行・観光情報 > 台湾旅行へ出かけるための航空機

台湾旅行へ出かけるための航空機

台湾は、日本のお隣で距離的にも非常に近いとはいえ、お互いに島国であるため、新幹線や列車で出かけるというわけにはいきません。

となると、やはり最も早くて便利なのが航空機ということになります。

事実、台湾旅行のパックツアーは、100パーセント航空機を利用しています。

現在、台湾へ就航している航空会社は8社ほどありますが、それぞれ出発地が異なっていますから、ご自分の住んでいるところから、もっとも近い国際空港を利用すると仮定すれば、必然的に絞られてくるでしょう。

また、マイレージにこだわって航空会社を決める方も、多くいらっしゃることでしょう。

日系の航空会社であれば、「エアーニッポン」や「日本アジア航空」。

台湾系の航空会社であれば、「エバー航空」や「チャイナエアライン(中華航空)」。

他に、イギリス系航空会社として「キャセイパシフィック航空」や、アメリカ系航空会社の「ノースウエスト航空」や「ユナイテッド航空」。

これらの航空会社が、日本と台湾を結んでくれています。

台湾旅行へ出かける人口がもっとも多いと思われる成田空港から台北への飛行時間は、約3時間半ほどかかります。

ですので、大阪や福岡から台湾旅行へ出かける場合には3時間前後で到着ということになりますね。

本当に、あっという間です。

それでも、国際線ということもあり、きちんと機内食のサービスなどもありますので、飛行機に乗っている移動時間も楽しむことができます。

飛行機が、あまり好きではない方にとりましても、3~4時間の飛行時間であれば、それほどの苦痛ではないでしょう。