台湾旅行・観光情報 > 台湾料理について

台湾料理について

台湾旅行に限ったことではありませんが、旅先での楽しみの一つといえば、食事ですね。

一番の楽しみを食事としている方も多く、また、食事のために海外へ行くというほどの食通のかたもいらっしゃいます。

それほどではないにしろ、やはり異国での食事は楽しみであることに違いありません。

まして、台湾などは、我々日本人から見ると中華料理のイメージが強く、とても口に合うように思っているのではないでしょうか。

実際、台湾料理は中華料理あり、台湾の民族料理ありで日本人の口にとても合います。

高級なレストランから、庶民的な屋台まで、食べる場所もたくさん揃っています。

せっかく台湾旅行へ出かけたのなら、一通りの店で、一通りの食事を楽しみたいものです。

さて、台湾の食事と一言で言いましても、本当に種類が多いです。

麺類やお粥、チャーハンなどのご飯もの、粉もの、飲茶の点心にもある小龍包 や餃子、などなど中華の食事はもちろんのこと、近頃ではファーストフード店も続々と出店しており、パンのメニューも色々あります。

朝食にはあっさりした麺やお粥もよいですが、パン派の方は、サンドイッチにコーヒーの食事も簡単に取れるようになりました。

日本人にとってちょっと変わった食べ物といえば、豆花や豆漿でしょうか。

中国やその他東南アジアで見られる食べ物ですが、豆花は豆乳で出来た柔らかいプリンのようなものです。

台湾のスイーツと言えばよいでしょうか。

シロップをかけたり、フルーツと一緒に食べたりします。

豆漿は、豆乳のことです。

台湾では、朝食に飲むポピュラーなものです。
しかし、日本で飲む豆乳よりも、もっと濃厚な感じです。
さらに、砂糖味や、塩味があります。
台湾旅行の際には、一度は召し上がってみてください。