台湾旅行・観光情報 > 台湾の美味しい食事

台湾の美味しい食事

一度の台湾旅行では、とても食べ切れないくらいの様々な美味しい食事があるわけですが、「魯肉飯」も最初に食べておいたほうが良い食事のひとつでしょう。

魯肉飯とは、台湾の発音で「ローバーブン」と言いますが、煮込んだ豚肉をかけたご飯のことです。

台湾の庶民食なので、屋台や定食屋など、どこででも食べられます。

日本では、ご飯の上に何かをかけた丼物は、だいたい一品料理として頼みますが、魯肉飯は他のおかずも一緒に食べるものなので、やや小ぶりの盛りつけになっています。

一品のみで注文するということはありませんので、覚えておいてください。

米粉の麺であるビーフンも台湾では人気の食事です。

焼きビーフンも、汁ビーフンもともに美味しいので、両方、食してみてください。

日本では、圧倒的に焼き餃子がポピュラーですが、台湾では水餃子のほうがポピュラーです。

最近は、焼き餃子も徐々に人気が出つつありますが、せっかくの台湾旅行ですから、ぜひ水餃子をお試しください。

焼き餃子に引けを取らない美味しさであることがわかると思います。

粉ものもまた台湾での食事には欠かせないものでしょう。

肉まんや野菜まんを小さくしたような、水煎包や生煎包。

捲餅は、クレープ状の生地で牛肉や野菜を巻いたもの。
餡餅といって、牛肉や豚肉の入った餅を平たくして焼いた感じのもの。
葱油餅または、抓餅というのは、小麦粉に葱を混ぜて焼いたものです。
卵を追加してもらうとさらに美味しく、例えて言うと、具なしのお好み焼きのようなおやつでしょうね。

台湾旅行での食事が楽しみになってきましたか。