台湾旅行・観光情報 > 台湾のトイレ事情

台湾のトイレ事情

台湾旅行へ出かけてもやはり気になるのがトイレのことですね。
ホテルで過ごしている間はなんの心配もありませんが、一度、外へ出たならトイレは気になります。
とは、行っても、暑い日の多い台湾ですから、ある程度の水分をとっても、汗となってしまい、そう頻繁にトイレに行きたくなるようなことは、ないと思います。
それでも、やはり朝ホテルを出て、夕方に戻る間に一度も行かないで済むということは、ほとんどないでしょう。
美味しいお茶をいろいろ味見して楽しんだり、暑さのあまり冷たい飲み物やかき氷を何度も飲食してしまうことも考えられます。
特に暑い時期は、熱中症などにならないためにも水分はたくさん取った方が良いので、トイレの心配をしないですむようにしておきたいですね。

やはり台湾でも、ホテルやデパート、小ぎれいなレストラン、有名な観光地などには綺麗なトイレがありますから安心してください。
また、MRTの駅にも綺麗なトイレは沢山あります。
ひとつ、注意しておきたいのは、水洗であっても紙を流せるタイプと流せないタイプのトイレがあるのです。
流せないタイプのトイレには、そのように書いているのですが、我々日本人には理解が出来ないかもしれません。
しかし、そういったトイレは、すぐ脇にゴミ箱が用意してあり、すでに紙が捨てられてある場合がほとんどですから、それで判断してください。
なにも張り紙などなく、ゴミ箱も置いていないトイレであれば、流しても大丈夫だということです。
これで、安心して台湾旅行が楽しめますね。