台湾旅行・観光情報 > 台湾旅行で注意すること

台湾旅行で注意すること

台湾旅行で、注意することや気を付けておきたいことをいくつかお話しておきましょう。

外国では、日本で常識と思われていることが、まったく常識ではなかったり、またはその逆で、何気なくしたことがその国では完全に常識はずれの言動だったりすることが良くあります。

また、日本も、近年は安全な国家であるとは言えなくなりつつありますが、外国で日本人というのは未だにお金持ちと見られていますから、夜に一人で出歩いたり、治安の良くないとされている地域へ行くのは危険です。

また、自分自身の身を守りたいのであれば、高価な貴金属や時計をじゃらじゃら付けて海外旅行へ出かけるのはやめた方がよいでしょう。

さて、台湾旅行は、特に危険が伴う旅行ではありません。

普通に分別のある行動をしていれば、トラブルに巻き込まれることもないでしょう。

人混みでのスリに気を付けるくらいでしょうか。

これは日本国内においても同じですが、人混みでは財布は衣服のポケットなどにいれずに、しっかりとしたバッグなどにしまい込んで歩きましょう。

また、ホテルにセーフティーボックスがある場合には、現金の多くはそこにしまっておき、外出の際には必要なだけ持ち歩くようにしまよう。

また、横断歩道が非常に少ないですから、道路の横断は注意が必要です。

渡れそうにないと判断したなら、決して無理をしないで、遠回りになっても横断歩道のあるところまで我慢するか、現地の人が渡る時を狙って、一緒についていきましょう。

水については、生水は飲まずに、コンビニなどでミネラルウォーターなどを買ってください。

屋台の飲食物も、生っぽいものは、食べないようにしてください。

短い日程であればあるほど、お腹を壊して外出できないのはもったいないですからね。