台湾旅行・観光情報 > 台湾旅行での見どころ「台北編」

台湾旅行での見どころ「台北編」

まずは、台湾旅行の際に訪れるであろう、首都の台北(正確には首都は南京で台北は臨時首都という位置づけです)の見どころを紹介してみたいと思います。
台北は、やはり少しは時間をとって歩いてみたい街です。
人口は263万人程度ですが、台湾では一番大きな街ですし、台湾の「今」を感じ取ることが出来ます。

台北でぜひ見ておきたいのは「故宮博物院 」と「中正紀念堂 」です。
故宮博物院は、リニューアル工事が2007年に終わり、非常にモダンな建物に生まれ変わりました。
リニューアル前に台湾旅行をした方は、新しい故宮博物院を見るために再び訪れても良いくらいです。
大きな吹き抜けのエントランスは、自然の光が取り入れられていてとても明るい雰囲気です。
中国歴代の皇帝が収蔵したコレクション他、約70万点もの収蔵数を誇る世界四大博物館のひとつですから、ぜひとも優先して見ておいてください。
彫刻や漆器、書画、銅器、文献など多岐にわたって展示されています。
展示方法も以前とは異なり、時代別へと変わったため、それぞれの年代にどのような芸術が栄えていたのかが、非常にわかりやすくなりました。
カフェやレストランなども充実し、子供向けの教育施設などもあります。

中正紀念堂のほうは、中正公園の内部にある高さ70メートルの青色の八角形瓦屋根の紀念堂です。
蒋介石総統を記念して1980年に建てられたものです。
人気なのは、10時から17時の間に、1時間ごとに行われる衛兵の交代と入場の儀礼です。