台湾旅行・観光情報 > 台湾旅行での見どころ「北部編」

台湾旅行での見どころ「北部編」

海外の観光客以外に、台湾国内の観光客にも非常に人気のある街が、「九?」です。
台湾旅行の際には、ぜひとも行っておきたい町の一つでしょう。
「悲情城市」という映画のロケ地として急に脚光を浴びた街です。
日本の映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった街としても知られています。
もとは、台湾北部の一寒村に過ぎなかったのですが、19世紀末に金鉱が発見されて町が発展しました。
日本の統治時代には、最盛期を迎えていました。
その後、1970年代に金鉱が閉山されるとともに急速に衰退し、ほとんど忘れられた町となっていたほどです。
それが、80年代末に「悲情城市」のロケ地になったことで再び脚光を浴びるようになったのです。
実際、そのレトロな町並みは訪れる人々を魅了します。
観光地化されてしまってはいますが、日本の明治時代を思わせるような町並に日本人である我々もきっと引き込まれることでしょう。

「淡水」は、台湾のベニスと言われている街で、歴史にまつわる遺跡が多く残っています。
淡水観光のメインは紅毛城、英国領事館、砲台などです。
紅毛城とは、スペイン人が建てた「サンドミンゴ城」の跡で、後にイギリスが領事館として利用しました。
紅毛城の隣にあるのが、旧英国領事館で、この一帯は台湾らしくない建造物が目立っています。
風景が非常に美しく、昔から台湾八景のひとつとされた老街を散策するのも良いでしょう。

「新北投」という町は、台湾でもっとも有名な温泉街です。
温泉好きな日本人には、もってこいの町ですね。
世界でも珍しいと言われる天然のラジウム泉として知られています。
町には硫黄の匂いが漂っています。
台湾旅行の最中にも温泉でくつろげるなんて、旅の疲れも癒されますね。