台湾旅行・観光情報 > 台湾旅行での見どころ「台中編」

台湾旅行での見どころ「台中編」

台湾の中部で中心的な大きな街と言うと、台中です。
中西部に位置する台中は、台湾全土の中でも3番目に大きな街になりますし、見どころも多くあります。

日本統治時代に、湿地を埋め立ててできた「台中公園」という都市公園があります。
日本人が3つの砲台を建てたという砲台山や、奉納記念碑、孔子記念像と神社遺蹟、更樓(鼓樓)、そして鳥居なども見ることができます。

台中には、中国風様式の「孔子廟」もあります。
学問の神様と言われた孔子と、その弟子たちが祀られています。
建物そのものも素晴らしいので、ぜひ、見学してみてください。

アジア最大の美術館と言われている「國立台湾美術館」も見逃せません。
2階にはカフェもありますので、台湾旅行の途中でゆっくりと美術鑑賞も良いですね。

「寶覚寺」には、高さ30mもの巨大な布袋さまの大仏が設置してあります。
これほどの大きな布袋さまは、一見の価値があります。
また、ここには、日本人遺骨安置所があり、遺骨などが納められています

「柳原教會」という、1916年に建てられたバロック様式の教会があります。
台湾にあっては、非常に珍しい建築ですし、台中公園からも近いので観ておくと良いでしょう。

「植物園」も割と大きく、楽しめます。
4.9万平米に750種類もの植物を集めているそうです。
台湾低海抜植物と、熱帯雨林温室の生態展示などが観られます。

「台中放送局」も、日本の統治時代に建てられたバロック建築の建物です。
内部には、ラジオの歴史や設備を陳列しており、イタリアン料理のレストランもありますので、台湾旅行中にもパスタやピッツァが食べられますね。